プライスリスト

▲土曜日の診療時間は9:30~17:30

むとう歯科クリニックへの思い

院長ブログ

お気軽にお問い合わせください。無料相談メール

ホーム > プライスリスト

プライスリスト

クラウン及びブリッジ

種類 価格(税別) メリット デメリット 備考
オールセラミック 100,000円 色合いが自然で美しい
透明感がある
汚れにくい
アレルギーが起こらない
高価
金属に比べやや適合が劣る
金属を全く使わない、メタルフリーのクラウンです。
メタルボンド 100,000円 色合いが自然で美しい
汚れにくい
適合が良い
透明感がやや劣る 金属の表面に陶材(セラミック)を焼き付けたクラウンです
ハイブリッドセラミック 50,000円 安価 変色する
細菌や汚れが付着しやすく臭いの原因となる事もある
金属に樹脂を貼り付けたクラウンです
ジルコニア 50,000円 強度があり割れにくい
歯ぎしりをするけど白くしたい、というような方に。
不自然な白さ
前歯には向かない。
人工ダイアモンドなどを作るジルコニアのクラウンです。
ゴールド 80,000円 適合が良い
伸びがよいので歯との境をしっかり封鎖する。(新たなむし歯になりにくい)
かみ合わせの歯に優しい。
金色なので目立つ。  
レジン前装金属冠 約7,000円 安価   保険・前歯・3割負担の場合
金銀パラジウム合金 約4,200円 安価   保険・3割負担の場合

コア(クラウン等を作る時の土台の部分です

種類 価格(税別) メリット デメリット 備考
ファイバーコア 20,000円 通常の金属のものに比べ歯が折れにくい。 金属のものより高価。  

インレー・アンレー(部分的なつめもの)

種類 価格(税別) メリット デメリット 備考
セラミック 60,000円
色合いが自然で美しい
透明感がある
汚れにくい
アレルギーが起こらない。
高価
金属に比べやや適合が劣る
割れることがある
 
ハイブリッドセラミック 30,000円
安価 金属に比べてやや適合が劣る
セラミックに比べ審美的に劣る
変色する事がある
割れる事がある
樹脂の性質をセラミックに近付けたもの
ゴールド 50,000円
適合が良い
伸びがよいので歯との境をしっかり封鎖する。(新たなむし歯になりにくい)
かみ合わせの歯に優しい。
金色 樹脂の性質をセラミックに近付けたもの
金銀パラジウム合金 約2,600円   安価 保険3割負担の場合

“大”は隣の歯と接する面に掛かるもの、“小”は掛からないものを指します。


インプラント

処置 価格(税別) 備考
精密検査 5,000円  
CT撮影 10,000円  
インプラント手術 250,000円  
上部構造 20,000円+α アバットメント〈台〉20,000円+α(クラウンの費用)
ソケットリフト 50,000円 骨を増やす処置です(1歯当たり)
サイナスリフト 150,000円 骨を増やす処置です
リッジエクスパンジョン 150,000円 骨を増やす処置です
骨移植術 50,000円 骨を増やす処置です(1歯当たり)
GBR 50,000円 骨を増やす処置です(1歯当たり)
抜歯即時埋入 20,000円 歯を抜くと同時にインプラントを埋入
静脈内鎮静法 100,000円 麻酔薬により不安感や恐怖心を和らげます

予防

処置 価格(税別) 備考
リコール(30分) 5,000円 TBI(ブラッシング指導) 歯石取り PMTC(器械による術者磨き)
PMTC(子ども) 3,000円 器械による術者磨き
フッ素塗布(子ども) 500円  

ホワイトニング

種類 価格(税別) メリット デメリット 備考
ホワイトニング
(ホーム)
20,000円 効果が長持ちする。 歯がしみることがある。来院回数が増える。 トレーを作り、家庭で行うホワイトニング(来院回数3回)(片顎)
ホワイトニング
(オフィス)
30,000円 すぐに白くなる。
来院回数が少ない。
後戻りしやすい。
治療時間が長い。
歯科医院で行うホワイトニング
(来院回数1回)
ホワイトニング
(ホーム+オフィス)
60,000円     ホーム、オフィス同時に行うことで、より早く、より白くなり、効果も長持ち。
ウォーキングブリーチ 10,000円     神経のない歯の変色に対する漂白

医療費控除

 

医療費控除制度

医療費控除制度とは、1月から12月までの間に、本人または家族が支払った医療費が10万円を越える場合に、確定申告をすれば税金の還付が受けられる制度です。


医療費控除の計算式

その年中に支払った医療費-保険金などで補てんされる金額=A

A-(10万円または所得金額の5%、どちらか少ない金額)=医療費控除額(最高200万円)

この場合、10万円を超えた医療費全額が還付されるわけではなく、自分の所得税率を掛けた金額が、最終的な還付金額になります。


医療費控除が使える歯科治療

こんな治療が医療費控除になります。

  • インプラントの費用
  • 自由診療による治療費(金歯、金冠、メタルボンド冠、セラミックスクラウンなど)
  • 虫歯や歯周病(歯槽膿漏)の治療費
  • 親知らずの抜歯
  • 入れ歯の費用
  • 発育段階にある子どもの歯並びの矯正
  • 成人の噛み合わせ改善治療の矯正
  • 歯科ローンにより支払った治療費
  • 通院、入院のための電車、バス、タクシー代
  • 幼い子どものために親が付き添って通院した場合の交通費
  • 薬局で購入した歯痛止めなどの医薬品

こんな治療は医療費控除になりません。

  • 歯を白くするためのホワイトニング治療
  • 歯科ローンの金利、手数料など
  • 通院時に自家用車を使用した場合の駐車料金、ガソリン代

医療費控除の手続きについて

医療費控除を申請するためには、2/16~3/15の確定申告時に、所轄税務署へ以下のものを持っていく必要があります。

医療費控除制度を利用しようと思った場合には、きちんと領収書をもらっておきましょう。

  • 家族全員の1年分(1/1~12/31)の医療費の領収書
  • 交通費のメモ(氏名、理由、日付、交通機関を明)
  • 印鑑
  • 源泉徴収票(給与所得者)

医療費控除の申請を忘れてしまった場合

医療費控除を申請し忘れた、あるいは医療費控除という制度を知らなかったという場合でも、5年以内であればさかのぼって申請を行うことができます。


その他

医療費控除は、所得の多い人が申請をしたほうがお得になります。

具体的には、夫婦で医療費をまとめている場合には、所得の多いほうが申請を行なったほうがより高い節税効果があるということです。

日本では所得の多い人ほど所得税率が高くなっていますので(超過累進税率)、例えば100万円の医療費を支払って医療費控除を受けた場合、税率10%の場合には10万円の節税効果なのに対し、税率40%の場合には40万円の節税効果があります。


ページトップへ戻る